初めての習い事にピアノをおすすめする理由

ピアノが弾けるようになるためには、指を動かす運動能力、音楽が聴ける耳、リズム感、などが必要です。
では、なぜ初めての習い事にピアノがおすすめなのでしょうか?ピアノが弾けるようになるために必要なことを、簡単にまとめてみました。

0歳~5歳までの発達のゴールデンタイム

人間の土台となる経験を積む

感動したり、楽しんだり、聴いたり、身体を使って多くの音楽経験は、リトミックや音楽を聴くことで育まれます。
絶対音感はピアノの音色を聴いてつけていきます。これは、英語のヒアリングにもよくなります。。
リズム感も身体全体で感じられるようになり、運動神経もよくなります。

3歳~5歳には「運動野」の発達がピークを迎える


ピアノを弾くことによって、指先の動きなど細かい運動が身につき、器用になります。そしてこの時期に身につけた運動能力は運動の種類を変えても発揮していくと考えられています。

ピアノを弾くためにおこなうさまざまなことが、脳を刺激して頭の良い子を育てるきっかけとなっています。当音楽教室では、上記の発達のゴールデンタイムをのがさず、その時々に大切なことをレッスンしてお子様の成長の手助けをしていきます。